Logic pro Xでギターを録音する方法!

elecrica mast guitar with laptop

Logicを使用してギター演奏&録音してみよう![オケ特典付き]

2018.11.06

Logic pro X独自の機能、Drummerで効率的にギターを練習!

2018.11.05
清水宥人
こんにちは。ABC Music Schoolのギター科講師の清水宥人です。

今回はLogic pro Xを使用してギターを録音するまでの流れをご紹介いたします。
DAWは各メーカーから様々な種類のものが発売されていますが、
Macを使用しているミュージシャンには安価でユーザーインターフェースにも優れたLogicを是非使用してほしいなと思います!

それでは録音に使用する機材から紹介していきます。

ギターの録音に必要な機材

オーディオインターフェース

ギターとパソコンを接続する重要な機材です。廉価なモデルを3つほど紹介させていただきました。
オーディオインターフェースの概要、その他高品質な機材のご紹介はコチラでご確認ください。

モニタースピーカー

同じく廉価で使用しやすいモデルを3つご紹介します!

モニタースピーカーの概要、その他高品質な機材のご紹介はコチラでご確認ください。

接続ケーブル

スピーカーは、オーディオインターフェースの”OUTPUT””LINE OUTPUT”と書かれた部分から出力しますが、その端子に合うケーブルも必要になってきます。

ステレオミニジャックは使用できない場合がほとんどですので、どうしてもお手持ちのスピーカーなどを使用したい場合はヘッドホン出力から変換ジャックを使用する必要があります。

ギターと機材の接続

機材の接続図

まずこの図を見ていただきましょう!

interface7

灰色…スピーカケーブル
黄色…USB、またはLightningケーブル
…その他それぞれの対応ケーブル

このようにギターと機材を接続していきましょう。

信号の流れ

ギターを使って機材から音を出す時、表面的には単純に機材を接続するだけと考えがちですが、実は「信号が繋がって、音が出るという結果」になっています。信号を視覚的に書いていくと、このようになります。

interface8

ギター(ダイレクト)というのは、PCに入る前の音を聞くダイレクトモニタリングというものです。
PCを通っていないのでライン直の音になりますが、レイテンシ(音の遅れ)がほとんどない状態で自分の音を聞くことができます。

特にカッティングなどのリズムにシビアにならないといけない場合に使用すると良いでしょう。

Logicでギターの音を出すまでの流れ

清水宥人
それでは実際にこれらの機材を使用して、ギターの音が出るところまで行ってみましょう。
皆さんそれぞれの環境によりますが、基本的にはインターフェースをパソコンに接続してギターを刺しただけでは音が出ないと思ってください。

ではLogicを起動する手順から順を追って説明します。

1.空のプロジェクトでLogicを起動する

Logicのアイコンをクリックするとまずこの画面が出てきます。

interface9

この空のプロジェクトを選択して立ち上げましょう。

2.オーディオを選択

ここでギターまたはベースを選択したくなりますが、デフォルトのパッチが選択されてしまい逆にわかりにくくなってしまうので、必ずオーディオを選択してください。

interface11

するとオーディオトラックが起動されます。

3.インターフェースが認識されているか

左上のアプリケーションメニューから

Logic pro X/環境設定/オーディオ

こちらを開きます。

interface12

すると入出力の設定などが出来る画面が出てきます。
入力デバイス、出力デバイスの両方をお使いのインターフェースの名前を選択しましょう。

interface13

4.入力モニタリングボタンを押す

最後にトラックヘッドにある”I”ボタンを押すと音が出るはずです。

interface15

アンプやエフェクターをLogicで使う方法

清水宥人
さて、ギターの音が出るようになりましたが、このままだとライン直の音が出てしまってギターらしくないですよね。
ここでLogicに純正で搭載されている“Amp Designer”“PedalBoard”を使用して、録音できるクオリティにまで音を仕上げていきましょう。

Audio FXからプラグインを選択

トラックそれぞれにAudio FXというプラグインを挿入するスロットがあります。

interface20

これをクリックするとメニューが出てきますので、”Amps and Pedals”を選択しましょう。

interface17

すると、またメニューが出てきます。ここからまず“PedalBoard”を選択しましょう。

interface18

スロットにプラグインが入って“PedalBoard”が起動されました。まずこちらは閉じて、その下に“Amp Designer”を起動します。

この際少しわかりにくいのですが、“PedalBoard”スロットの下の余白をクリックすると新規でスロットを追加することができます。

interface22

これでギターの音を作っていける状態になりました。
下記画像の赤枠部分からアンプを選択して、好きな音を作っていきましょう。

interface25

また、“PedalBoard”の方は通常のエフェクターを扱うのと同じような感覚で使用することができます。

interface24

左側の空き枠に好きなエフェクターをドラッグすることで追加することができますので、アンプと組み合わせて使用してみてください。

Logicでレコーディングしてみよう!

清水宥人
さて、ようやく録音できる段階にやってきました!
録音すること自体は簡単です。録音したい部分に再生ヘッドの位置を合わせて録音ボタン、もしくはキーボードの”R”を押せば1小節前から録音が始まります。頭出しはreturnボタンで行えます。
interface27

また、録音中にメトロノームボタンを押すことで録音中のメトロノームを消すことができます!

オススメのアンプセッティング

ここで、僕が個人的にオススメするアンプのプリセットを紹介します。
非常に素直な音色で、コンパクトエフェクターや“PedalBoard”との相性も良いので音の土台として選択してみてはいかがでしょう。

エフェクターで録った音はあとで変えられませんが、プラグインで作った音は、レコーディング後にも作り変えることができます。大枠の音を作ってレコーディングしたあとに細かく音作りを詰めることができますね。

interface28

左上のプリセットメニューからHybrid Amps/Custom Studioを選択します。

このシリーズはクリーン〜ディストーションまで質が高いと感じました。実際に僕が演奏したサンプル音源はこちらです。

>>Custom Studio Clean

>>Custom Studio Crunch

>>Custom Studio Dist

まとめ

清水宥人
いかがでしたでしょうか。
今回は、Logicを使っての配線から実際にギターを録音するところまで解説致しました!

実際にLogicの“Amp designer”を使っての音作りや、Logic内Apple loopやDrummer等を使用した練習法などは別記事で紹介していこうと思っていますので、今回紹介した設定方法はぜひマスターしておきましょう!

それではまた次回の記事でお会いしましょう!
ABC Music Schoolギター科講師の清水宥人でした!

elecrica mast guitar with laptop

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCミュージックスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロミュージシャンとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!

ABOUTこの記事をかいた人

清水 宥人

プロギタリスト。ESPミュージカルアカデミー卒。 在学中は渋谷公会堂にて行われたコンテストにてグランプリ受賞、 学内コンテストファイナリスト、校内レコーディングメンバーに選ばれる等の優秀な成績を残す。現在はプロギタリストとして演奏、レコーディング、編曲ほかbarのセッションホストなども務める。