Logic pro X独自の機能、Drummerで効率的にギターを練習!

elecrica mast guitar with laptop

Logicを使用してギター演奏&録音してみよう![オケ特典付き]

2018.11.06

現役プロが語る、ギターアドリブ演奏の心得×具体例!

2018.11.04

Logic pro Xでギターを録音する方法!

2018.11.03

iRig2の音質って実際どうなの?プロギタリストが弾いてみた!

2018.09.20

Iphoneで宅録!iRig2&GarageBandで手軽にdaw!

2018.09.15
清水宥人
こんにちは!
ABC Music School ギター科講師の清水宥人です!

今回はLogic pro Xから登場した、自動的にドラムパターンを生成してくれる機能“Drummer”を紹介します。ドラムの打ち込みに慣れてない方々の強い味方となるであろう本機能ですが、便利な機能には欠点もつきもの。そんな欠点も利用してやろう、というのがこの記事の目的!

それでは早速音を出すところから行ってみましょう!

Logic pro XのDrummerを使ってギター練習する方法

“Drummer”トラックを起動

トラック作成画面の右上に出てくるボタンから作成できる、専用トラックがこの“Drummer”になります。“Drummer”プラグインの事ではありませんので、Audio FX欄を探しても見つかりません。ご注意を!

drummer1

再生をしてdrummerの音をチェックしてみよう!

新規トラック作成より起動するとこのようにトラックとDrummerリージョンが起動されます。
drummer2
この状態でも既にドラムトラックが再生される状態になってますので、一度再生して音が鳴るかチェックしてみましょう!再生は、スペースボタンで行えます。

Drummerの各画面の役割

下画面にはエディターが表示されています。各項目の役割を確認してみましょう。

drummer4

①音楽ジャンル

Rock、Alternative、Songwriter、R&B、Electric、Hip Hopと6種類のジャンルから選べます。
drummer5

②Drummer

各ジャンルに3~6人ほどの仮想Drummerがおり、それぞれが同ジャンルの中で違うプレイをします。(画像はElectric)
drummer6

③ドラムキット

ジャンルとドラマーを選んだ後にキット名をクリックする事でプラグインが起動し、ドラムのサウンドを作り込む事ができます。
drummer8

④ドラムパッド

カオスパッドのようなXY軸にそれぞれの役割があるパッドです。

Y軸(上下)…音量の大/小
X軸(左右)…フレーズが単純/複雑

主にこのパッドでDrummerのプレイをコントロールします!

drummer_gif

⑤使用パーツと音数を決めるスライダー

ここにはドラムセットのモチーフと、使用パーツに対応したスライダーがあります。

上のスライダーから順に、

[パーカッション]

per_gif

[シンバルorタムorハイハット]

hat_tom_cyn_gif

[キックとスネア]

sn_kick_gif

となり、それぞれのスライダーを右に動かすほど音数が増えていきます。

⑥グルーヴコントロール

フィルのつまみは、右に回すほどフィルを積極的に取り入れたパターンになります。
スウィングつまみは8分音符(8th)16分音符(16th)の2つのモードがあり、右に回すほど選択した音符のウラがハネて演奏されます。

“8thの場合”

“16thの場合”

Drummerの欠点を利用せよ!

清水宥人
実際に使用した方はお気づきだと思いますが、この“Drummer”細かいリズムパターンやフィルの指定ができません!

もちろんフレーズを変更する方法はあるのですが、そうすると“Drummer”以外の機能を使うことになりますのでここでは割愛します。

逆に前向きにとらえてみましょう。予測不可能なリズムパターンを手軽に生成してくれる練習マシンと考えると途端に欠点も魅力的に思えてきませんか?

パッドを”複雑”方向へ動かして、バッキングの練習

先ほど紹介したパッドの“複雑”方向へ動かせば、
アクセントの位置が変わります。

まず、起動したばかりの“Drummer”ではこのパターンが再生されます。

これを“複雑”方向へ振り切ると、ビートがこのように変化します。

“キックとスネア”スライダーを活用!

それでは、デフォルトの状態から“キックとスネア”スライダー
様々なポジションに変更して聴いてみましょう。

スライダーポジション”6″

スライダーポジション”8″

コード進行を当てはめてギターの練習!

清水宥人
さて如何でしょう。“Drummer”を使ったビート感の変え方が段々わかってきたのではないでしょうか。いよいよコード進行を当てはめていき、練習に応用していきましょう。

まず前提として、この練習法で強化されるのは初見のリズムに対応する力です。
DAW上に想像不可能なビートを生成する機能は、初見力を鍛えます!

変幻自在な“Drummer”に合わせて、 バンドにハマるギタープレイをする練習にぴったりですね!

今回のコード進行

それでは一緒に練習してみましょう!今回お題となるコード進行はこちらです。

drummer_chord

このコード進行を以下の4パターンの中で試してみましょう!

①デフォルト
②”複雑”に振り切ったパターン
③”キックとスネア”スライダー6
④”キックとスネア”スライダー8

オケと講師実演

まずオケとなるドラムパターンを再度貼っておきますので、実際に皆さんも弾いてみながら確認していきましょう。

①デフォルト – gt off

②”複雑”に振り切ったパターン – gt off

③”キックとスネア”スライダー6 – gt off

④”キックとスネア”スライダー8 – gt off

それでは、僕が実際にバッキングしてみたものを聴いてみましょう!

①デフォルト – w/gt

②”複雑”に振り切ったパターン – w/gt

③”キックとスネア”スライダー6 – w/gt

④”キックとスネア”スライダー8 – w/gt

まとめ

清水宥人
いかがでしたでしょうか。
“Drummer”の操作方法は直感的で、使えば使うほど簡単に思えてくるはずです!どんどん使って練習していきましょう!

今回は練習内容がかなり実践的な内容になりましたが、即席のドラムパターンに合わせて録音するこれだけで、演奏中に自分のプレイを客観視する力が養われます!

自分の演奏と聴き比べたり、こちらの演奏を分析しつつ上達のきっかけにして頂けたら嬉しく思います。体験レッスンでもLogicを使用したレッスンが可能ですので、希望の方は気軽にお問い合わせください。

家だとうまく弾けるんだけど、ライブになると突然頭が真っ白に…、なんて人にはとてもオススメの練習方法なので是非試してみてください!

それではまた次回の記事でお会いしましょう!
ABC Music School ギター科講師の清水宥人でした!

elecrica mast guitar with laptop

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCミュージックスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロミュージシャンとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!

ABOUTこの記事をかいた人

清水 宥人

プロギタリスト。ESPミュージカルアカデミー卒。 在学中は渋谷公会堂にて行われたコンテストにてグランプリ受賞、 学内コンテストファイナリスト、校内レコーディングメンバーに選ばれる等の優秀な成績を残す。現在はプロギタリストとして演奏、レコーディング、編曲ほかbarのセッションホストなども務める。