[ギターレッスン]ROCKET DIVEイントロに挑戦しよう!

rocketdive02

ROCKET DIVEのギター弾きかた解説

代表大塚
ABCミュージックスクール代表の大塚です!
前回に引き続き、ギターのレッスン動画を配信!今回はhide with Spread BeaverのROCKET DIVE!それではまず動画からどうぞ!
堤千代司かんたんプロフィール

はねるのトびらやフジテレビの戦力外捜査官のサウンドプロデュースなども務めた現役プロミュージシャン。DTM DAW科・ボーカル科・作曲・ギター科・ベース科とマルチなスキルを活かしてたくさんの受講生の成長をサポート中!今回カバーしたhideが大大大好き!

ROCKET DIVEのレッスン動画

ROCKETDIVEの譜面・タブ譜

動画の中で解説しているフレーズはこちらです。まずは1つ1つのポジションを覚えながら練習していきましょう!
ROCKETDIVE_

エクササイズはこちらから!

〜エクササイズの使い方〜

・動画を再生したらすぐにエクササイズが始まります。
・1回目はちよじ講師の演奏入りの音が流れます。(Teacher’s Play)
・2回目はカラオケのみ流れます(Student’s Play)
・アンプから音を出しながら弾いてみましょう!
・原曲テンポは結構なスピード感なので、初心者の方はスローテンポから挑戦してみてください!

▼エクササイズ 原曲テンポ

▼エクササイズ スローテンポ

ROCKET DIVEの特徴〜ギター演奏〜

特徴1.ドロップDチューニング

hideのROCKET DIVEは、ドロップDチューニングで弾く曲です。ドロップDチューニング=6弦だけ1音下げるチューニングのこと!

普段みんなが弾いているギターのチューニングは、レギュラーチューニングで、6弦=Eの音になっています。つまりドロップD=Eの音をDに下げるよ!という意味になります。割とヘビーなロックの曲では、ドロップDを使用することが多いので、この機会に覚えておきましょう!

特徴2.人差し指だけで弾ける!

rocketdive02
この曲をギター初心者の方におすすめしている最大の特徴!左手の指一本だけで弾けちゃうのです!
上記の譜面を見てもらえるとわかると思います。めちゃくちゃ簡単にポジションを押さえることができるので、初めての課題曲にはもってこいですよ〜!

曲をかっこよく弾くための大演奏ポイント

今回の解説ポイントの中で特に重要なことを下にまとめておきましたので役立ててください🎸

練習ポイント1.ダウンピッキングだけで弾こう!

rocketdive04
ロックで勢いがある曲の場合、今回のちよじ講師のように、ダウンピッキングだけで演奏するのがオススメ!

・曲に勢いが生まれる
・ダウンピッキングの練習になる

理由は主にこのような理由です!特に、エクササイズ編のスローバージョンのテンポ感の場合は、ダウンピッキングで弾ける方が良いですね。
そして、ある程度ダウンピッキングでも弾けるようになったら、オルタネイトピッキングで演奏に挑戦していきましょう!

どちらでも弾ける方が、ギターの表現力が広がり楽しめますよ!🎸

注意点としては、できる限り力を抜いて脱力して弾くこと。動画内のちよじ講師のギターを弾くフォームを確認しつつ、自分のフォームと比べながらやってみましょう!手首や腕が痛くなってきた場合は、練習をすぐに中止して体を休めるようにしてくださいね。無理は禁物です!

ポジション移動は弾く回数で覚えよう!

rocketdive01

3・3・3・3・2・2!
これが練習ポイントです!実際の解説内容は動画をご覧ください!

実践しよう!
3回弾いたら1フレット右に移動

3回弾いたら1フレット右に移動

3回弾いたら1フレット右に移動

3回弾いたら1フレット右に移動

2回弾いたら1フレット右に移動

2回弾いたら1フレット右に移動

最後に1フレット左に移動して弾く

メトロノームで練習しよう!

rocketdive03
ある程度フレーズを弾くことができるようになったら次のステップ!練習するときにメトロノームを使いましょう!
今回解説しているROCKETDIVEに限らず、ギターの練習に効果的。上達の速度が段違いになります。自分の中のリズムではなくて、他のガイドラインに合わせて弾くことで、このような効果が生まれます!いいことづくめです🎸

・リズム感向上
・アンサンブルに合わせる力向上
・ギター演奏時、心の余裕が生まれる
ちよじ
ワンポイントアドバイス
ここまで読んでいただいてありがとうございました!動画では大事な部分を取り上げて解説しましたので、役に立てて頂けたら嬉しいです♪

直接対面で確認したいこと、その他ご質問があれば無料体験レッスンに気軽にお申し込みください!是非是非お話ししながらレッスンしましょう♪

まとめとギター初心者の方へ「練習はとにかくゆっくり」

代表大塚
以上が今回のフレーズのポイント解説となります。
動画と、今回のブログを使ってギターの上達をしてもらえたらとても嬉しく思います!

今回の曲は、ギター初心者の方には比較的演奏しやすい楽曲だと思います!
出来るだけ難しく考えず、動画の順番で1つ1つの演奏方法を体で覚えていくようにしましょう🎸

また、演奏がなかなかうまく出来ないときは、原曲よりもゆっくりのテンポでじっくり練習してみてください。
原曲よりゆっくり弾く→少しずつ原曲テンポに近づけていく→余裕をもって演奏できるようになる=より楽しくギターが弾けるようになる!これが一番楽しめる練習方法です!

以上!次回の動画・記事もお楽しみに!
ABCミュージックスクールの堤千代司と、大塚がお送りしました!

rocketdive02

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCミュージックスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロミュージシャンとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!