dtm初心者のための基礎知識編③CPU?メモリ?なにそれ?まず知っておきたいパソコン用語!

皆さん、こんにちは!コンシェルジュの大塚知之です。前回はデスクトップ型、ノートパソコン型で選ぶ基準をご紹介しました。
では具体的にどのパソコンを選ぶか。よくDTMの推奨環境が書かれていたりしますが、普段の生活では聞き慣れない単語ばかりで何が何やら。。そういったお悩みをきれいさっぱり解決出来るよう解説していきます!!

パソコン購入の基礎知識!

まず初めにDTMにおいてよく出てくるパソコン用語をざっと並べてみました!

✔︎OS

✔︎CPU

✔︎メモリ

✔︎32bit・64bit

✔︎ハードディスク

馴染みのない方にはなんのこっちゃ?という単語ばかりですね。しかし、この5点でパソコンの性能が決まるといっても過言ではありません。低スペックのPCや、必要以上に高いパソコンを購入すると最悪購入しなおしなんていうことにも。。そんな事にならないようこの機会に覚えてしまいましょう!

OS

オペレーティングシステムの略です!パソコン内のソフトを動かすための土台。人間に例えると人体そのものですね。最新のOSほど動作が良好になりやすいですが、各ソフトとの互換性も大切。これは後ほど解説していきますので、今は「人体そのもの」というイメージだけもっておきましょう。

オススメOS
Windows:Windows 7 64Bit,Windows 8 64Bit
WINOS

Mac:Marvericks,Yosemite
IOS

CPU

パソコンの頭脳!脳みそです!頭の良さですね。これが良ければ、頭の回転も早いのでパソコン内の作業スピードが上がる。結果、作業時間の短縮につながります。GHzが低いものを使うと、作業中の待ち時間が長くなったり、ひどい時にはパソコンがフリーズすることもありますので、数字が高いほど頭が良いと覚えておきましょう!

オススメCPU
Windows:2.4GHz以上のCore i5,Core i7
Mac:2GHz以上・クアッドコア以上(4つ以上)のCore i5,Core i7

◯Macのメモリについて補足◯
デュアルコア(2つ)やクアッドコア(4つ)など、脳みそが複数搭載されているパソコンもあります。脳みそが多ければ、頭の回転も早い!と覚えておきましょう。Macのコア数がデュアルコアでもスペックが2.6GHz以上であれば問題なく作業出来たりしますが、やはりコア数の違いにより負荷の強い作業をした時に差が出てくるケースが多いですね。

メモリ

support
CPU(脳)の働きをサポートする役割を担っています。

勉強する時に机が整理整頓されていたり、冷暖房が効いていたり、母親が夜食を作ってきてくれれば、作業効率が上がりますよね!それと同じです。CPUがメインではありますが、このメモリも優秀であればなお良しです!!単位はGB(ギガバイト)で、2GB,4GB,8GB,16GBなどがあります。

オススメメモリ容量
ズバリ、4GB以上です。ちなみにメモリはCPUと異なり、増設が可能です!
dtm作業で音源ソフトをたくさん使用する方は8GB以上に増設しましょう
購入したパソコン屋さんや、メーカーに問い合わせる。もしくはインターネットで調べるとたくさん情報が出てきますよ!

32bit・64bit

14921624234_db69df8cf4_m
メモリを扱える量をきめる規格です。

32bit:4GBまでOK
64bit:100億GB以上OK!?(理論上)
もちろん64bitを選びましょう!最近のパソコンはほとんどが64bitなのですが、購入の際は念の為ご確認ください。

ハードディスク(HDD)

hdd
データを保存する装置です。勉強する為のペン・ノートやそれらの成果を入れておける道具箱ですね。単位はメモリと同じでGB(ギガバイト)。1000GBになると1TB(テラバイト)という単位に変わります。これはパソコン上の全てのデータを保存しているので多ければ多いに越したことはないです!最低でも250GB以上のものを選びましょう!

外付けHDD

外付けhdd
もし予算に余裕があるようでしたら、「外付けHDD」を購入しましょう!

DTMは、

✔︎沢山のソフト音源を読み込む
✔︎曲を再生する
✔︎録音する
などの動作を同時に行うためパソコンの脳みそがフル回転します。

外付けHDDを取り付けて、そちらに曲のデータを移せば、パソコン側で音源の読み込み、外付けHDD側で再生・録音と、作業を分担することが出来ます!!これはスペックが低めのパソコンでもかなり有効な手段ですので、余裕がある方は購入を検討しましょう。なお「外付けHDD」を購入する際は7200回転(7200RPM)のものが、正常に動作するための最低条件だと思って頂けたらと思います。

推奨パソコンスペックまとめ

ここまでを踏まえて必要なスペックをまとめてみましょう!

Windowsのおすすめスペック

14921624234_db69df8cf4_m

■OS
Windows 7 64Bit
Windows 8 64Bit
■CPU
2.4GHz以上のCore i5
Core i7

■メモリ
4GB以上

■HDD
250GB以上

Macのおすすめスペック

mac

■OS
Marvericks,Yosemite

■CPU
2GHz以上・クアッドコア以上(4つ以上)のCore i5
Core i7

■メモリ
4GB以上

■HDD
250GB以上

dtmパソコンまとめ

いかがでしたか?OSが人体そのもので、CPUがその人間の頭の良さ。HDD(道具箱)から必要な物をメモリ(勉強机)に広げる。そしてそのメモリ(作業環境)が優秀であればCPU(頭の良さ)も発揮される。これらを理解しておけば、パソコン選びは万全でしょう!次回は実際にパソコンを購入するにあたって、どの機種が良いのか?具体的にご紹介していきます。乞うご期待!

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCミュージックスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

60分のレッスンが無料でお試し頂けます!

音楽は楽しく学んでこそ上達できる。
dtm初心者の方も、パソコンに自信がない方にも丁寧にレクチャー致します!

手軽に音楽が作れるようになった今だからこそ、あなたの可能性を試してみよう!

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、お気軽にお申し込みください!

ABOUTこの記事をかいた人

大塚知之

ABCMusicSchool代表。株式会社オン代表取締役。 年間100名以上のミュージシャン、受講生との出会いをとおし、音楽スクールのサービス向上に駆け回る日々。元ギタリスト、元バンドマンです!