ドラムでSPYAIRのI wanna be…に挑戦!~間奏、2A、2B~

Man playing the drum.Live music background concept.Drummer and rock music

ドラムでSPYAIRのI wanna be...に挑戦!~ギターソロ、アウトロ解説~

2018.10.29

ドラムでSPYAIRのI wanna be...に挑戦!~1B、サビ解説~

2018.10.23

ドラムでSPYAIRのI wanna be…に挑戦!~間奏(インター)2A、2B解説~

ABCミュージックスクールドラム科のTOSSYです!

今回は先週に引き続きSPYAIRのI wanna be…の間奏、2A、2Bパートのドラム演奏について解説していきます!

今回は間奏の解説!

動画をご覧ください!

【I wanna be/間奏、2A、2Bパート/♩=126】

間奏のドラムに挑戦!

I WANNA 5

演奏のポイント 最後の2小節フィルに注目!
基本のフレーズはイントロと変わりありません、ここでの注目ポイントはインター最後の2小節フィルです!

2小節に渡る長めのフィルですが、前半最大の盛り上がりポイントでクラッシュを多用したフレーズになっています。クラッシュはしっかりタイミングを掴んでしっかりスティックをヒットしないとインパクトが欠けてしまいます。全てのクラッシュパートをきっちりヒットして、録音した時にクラッシュだけを聞いても綺麗にタイムキープできているようにしましょう。ヨレるとめちゃくちゃ目立ちます。またバスドラムが隙間に入って来るポイントもしっかりかみ合うように注意しましょう!

2A、2Bのドラムに挑戦!

I WANNA BE 6

演奏のポイント① イントロと同じフレーズ!
2Aは前半(ハーフタイムフィール)と違って、8ビートです。ベーシックな8ビートですが1Aから切り替えて前のイメージに引っ張られないように注意しましょう🔥

演奏のポイント② ハイハットのゴースト、気持ちよく!
2Bに関しては1Bとほとんど一緒なのですが、実は少し1Bでも出て来るハイハットのゴーストノートが2Bでは多用されています。ハイハットに限らす16分ウラに入ってくるゴーストノート全般に言えることですが、細かい音符だからこそ正確な位置に入っていないと一気にハシる原因になりかねません。自分の左手の動きがスムーズにキマっているか!?そこのポイントをゆっくりなテンポで確認してみましょう!

まとめ

今回はI wanna beの間奏、2A、2Bパートについて取り上げました!1回目のメロと2回目のアプローチが違うというのは非常によくあることですが、それぞれ作曲者の意図に寄り添った理由のあるアレンジなのできっちり叩き分けられると良いですね!

次回はいよいよラストアウトロを取り上げる予定です!
それでは次回もお楽しみに!

Man playing the drum.Live music background concept.Drummer and rock music

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCミュージックスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロドラマーとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!

ABOUTこの記事をかいた人

Toshihiro Mori

バークリー音楽院卒。国内ではRock in Japanやサマーソニック、MONSTER baSHなどにも出演。受講生の目標を叶えること、個性を伸ばすことを重要視し、レッスンを行う。現在も現役プロミュージシャンとして演奏、レコーディングと活躍中。首都圏[渋谷、新宿、中野、下北沢、上石神井など]広エリアでレッスン開催中。