ドラムでBUMP OF CHICKEN天体観測に挑戦!~ブリッジ~

after_0228_koushi017after_effect

天体観測のドラムに挑戦しよう!〜ラストサビ〜

2018.11.22

天体観測のドラムに挑戦!~1サビ・2A・2B編~

2018.11.08

天体観測のドラムに挑戦!~イントロ・1A・1B編~

2018.11.01

ドラムでBUMP OF CHICKEN天体観測に挑戦!〜ブリッジ〜

ABCミュージックスクールドラム科のTOSSYです!
今回は前回に引き続き天体観測のブリッジ(“背が伸びるにつれて〜♪”)について解説していきます!

ブリッジ編の譜面と動画

このドラムブログで扱っている楽曲ではしょっちゅうでてくるおなじみのアレンジ、ハーフタイムフィールが出て来ます!

【天体観測/ブリッジ♩=165】

【天体観測/ブリッジ ♩=120】

TENTAIKANSOKU5

演奏のポイント① ハーフタイムフィール

2回目のサビの後に来るブリッジ、ここは気づいた人もいるかと思いますが、雰囲気が大きく変わります!コードの変化も大きいですが、リズム的にはハーフタイムフィール(Half time feel)といってスネアのバックビート(2,4拍のヒット)を倍に取る事で、まるでテンポが半分に落ちたかのような効果を出すアレンジとなっています。スネアのヒットが半分になるだけでテンポ自体は変わらないので、勢いを失わないように気をつけましょう。メトロノーム練習は必須です!

演奏のポイント②  スネアのウラ打ちも注意!

もう一つ注目すべきポイントは常にスネアの裏打ちがフレーズに入っていることですね!細かい音だと思って適当に入れてしまうととんでもなくハシってしまったりする要注意ポイントです!性格に、丁寧に、あるべきタイミングを狙って叩きましょう🔥

演奏のポイント③  “今も思い出すよ〜”とその後

ブリッジ最後のポイントは“思い出すよ”の場所で全員ヒットするポイントです。バンドと心を合わせてバシッと決めましょう!問題はその後に待っているポイントです。バンド全員のヒットが上手く行ったと思って安心するとここで足元を救われます💦すぐに次の準備に切り替え休符をしっかりカウントしてスマートに乗り切りましょう!

まとめ

今回取り上げたブリッジは全面ハーフタイムフィールで急に感覚が変わります、テンポ自体は変わらないのでおちついて出来るようになるまでしっかりメトロノームで練習しましょう。またテンション的には熱い部分でもあるのでボーカルのテンション具合とズレてしまわないようこちらも熱く演奏しましょう!

次回は天体観測ラスト、最後のサビを取り上げます!次回もお楽しみに!

after_0228_koushi017after_effect

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCミュージックスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロドラマーとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!

ABOUTこの記事をかいた人

Toshihiro Mori

バークリー音楽院卒。国内ではRock in Japanやサマーソニック、MONSTER baSHなどにも出演。受講生の目標を叶えること、個性を伸ばすことを重要視し、レッスンを行う。現在も現役プロミュージシャンとして演奏、レコーディングと活躍中。首都圏[渋谷、新宿、中野、下北沢、上石神井など]広エリアでレッスン開催中。