ABCミュージックスクールドラム科のTOSSYです!

超Coolでヤバい16beatグルーブ2選!!

2017.02.11

オープンハイハットの入った16ビートに挑戦しよう!

2017.02.09

バスドラムのダブルが入った16ビートに挑戦しよう!

2017.02.01

今回は16ビートの基本について取り上げてみたいと思います!!

まずは早速動画を見てみましょう!

ドラムの16ビートとは

その名の通りハイハットの16分音符を刻むことをベースに2拍4拍にアクセント(=スネア)を入れるバックビート系のグルーブです!

8ビートより細かく、左右の手を使った手数の多い16分音符が基本であるため、タイミングが非常にシビアで、気持ちよく聴かせるのがとても難しいこのグルーブ!

しかし一度マスターすると非常に使う場面も多く、かっこいいグルーブなので是非今回取り上げる基本パターンをマスターして、16ビートの世界に踏み入れるきっかけにしてみてください!!

今回はシンプルな16ビート!

16ビートの骨格をよく把握するために、シンプルなバージョンを用意しました。これまためちゃくちゃゆっくりから同時に叩く楽器(1拍目3拍目のハイハットとバスドラム)や手順(2拍目4拍目のスネアは右手!!)など全体の構造を意識しつつトライしてみましょう!

スクリーンショット 2017-01-28 23.31.40

大事なポイントを押さえる

8ビートやその他のグルーブと同じく大事なポイントを抑えていきましょう。
ゆっくりなテンポから確実に、快適に叩けるようにしていくことが実は遠回りに見えて近道なのです⭐️

✔︎ハイハットの16分音符の音量とタイミングが均等か

✔︎ハイハットとバスドラムの重なる位置(1拍目3拍目)で完全にタイミングは合っているか

✔︎スネアはしっかりした音量を気持ちのいいタイミングで出せているか

✔︎バスドラムはしっかりした音量を気持ちのいいタイミングで出せているか

などです!

tossy
なかなか自分の音を客観的に聞くのは難しいのでできるだけ自分の音を録音して聞くようにしましょう!!

アクセントを加えてノリを良くしてみよう!!

さっきとはまた違う雰囲気に聞こえませんか?
16ビートはハイハット上の動画でやっているようにノーアクセントでプレイしてもかっこいいのですが、アクセントを入れると雰囲気がガラッと変わります!

16ビートは8ビートよりも倍多く刻む分、それだけアクセントを入れる選択肢も広がります。そしてそれが16ビートの大きな特徴とも言えます!試しに1拍目と3拍目、バスドラムが重なっているタイミングでハイハットのアクセントを入れてみます!

スクリーンショット 2017-01-28 22.50.03

16ビートはタイミングがシビアなので、アクセントを入れるとヨレやすいです。アクセント無しで完全にノリを把握してから、いろんな場所にアクセントを入れて実験してみましょう!

 

まとめ

16ビートの解説いかがだったでしょうか!?色んな16ビートを叩くための基礎はやはりシンプルなパターンをどれだけ体に覚えさせるかが大事です!ぜひ“ゆっくりから確実に”これを忘れずに頑張ってみてください!また色んなかっこいい16ビートを取り上げていくつもりなので、お楽しみに!!!

Man playing the drum.Live music background concept.Drummer and rock music

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCミュージックスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロドラマーとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!

ABOUTこの記事をかいた人

Toshihiro Mori

バークリー音楽院卒。国内ではRock in Japanやサマーソニック、MONSTER baSHなどにも出演。受講生の目標を叶えること、個性を伸ばすことを重要視し、レッスンを行う。現在も現役プロミュージシャンとして演奏、レコーディングと活躍中。首都圏[渋谷、新宿、中野、下北沢、上石神井など]広エリアでレッスン開催中。