ドラムでゲスの極み乙女。の私以外私じゃないのを叩いてみよう!〜イントロ編〜

Man playing the drum.Live music background concept.Drummer and rock music

私以外私じゃないのを叩いてみよう!〜イントロ編〜

ABCミュージックスクールドラム科のTOSSYです。
2018年のVLOG1発目はブレイクダウンシリーズの第4曲目!ファンキーかつダンサブルなゲスの極み乙女。の「私以外私じゃないの」のドラムについて解説したいとおもいます!

楽曲解説の前に大切なこと
前回の恋/星野源とは打って変わり、手数が多く、特にAメロはゴーストノート(小さい音量で16分の裏などに細かく入ってくる音)でフレーズが埋まっており、一見すると複雑なフレーズに見えますが、それほど複雑な手順などは出て来ず、それぞれの音量コントロールと16分のクオリティをキープ出来れば思ったより簡単に攻略出来ます!

複雑なメロとダンサブルでシンプルなサビのコントラスや、ギターとのユニゾンフィルが間奏に出てきたり、アレンジの秀逸さにドラムがとても効果的な役割を果たしている素晴らしい楽曲です。ぜひトライしてみて下さい!

それではイントロ編です!3つのテンポに分けてありますので、やりやすいテンポのもので挑戦してください!

動画&イントロ譜面

【~0:31まで】

【~0:24まで】

【~0:21まで】

スクリーンショット 2018-01-16 20.11.05

《イントロ》最初から手数多め!ツられてハシらないように!

スクリーンショット 2018-01-16 20.16.26
フレーズの特徴

全体的に手数が多めでファンキーなフレーズです。16分ウラにスネアやバスドラムが多く入って来るタイプのフレーズは16分ウラの位置をなんとなく叩いてしまうとタイミングが詰まりがちになりやすいです。正確に16分を捉えることによって安定したグルーブを目指しましょう!当然ゆっくりなテンポからのドラム練習が効果的です!

演奏のポイント①ハイハットオープン

所々に効果的に出てくるハイハットオープンは4分なら4分、8分なら8分ときっちり音を延ばしましょう。適当に切ってしまいがちですが、オープンの長さを充分に捉えることで、グッとクオリティが上がります!

演奏のポイント②クラッシュロール

【0:28~0:31】

イントロラストの小節はクラッシュシンバルのロールです。クラッシュシンバルのロールはシングルストローク、一つ打ちで細かく叩いて3拍でクレッシェンドして4拍目に手で掴んでミュート(音を止める)しましょう!

細かいこだわりですが、ここできっちり休符を取っていると、次に控えるメロの入り口のインパクトが全然変わってきます。ドラムアレンジの妙ですね!!

シングルストロークロールはテンポを見失いやすいので表拍をしっかり意識してカウントするようにしましょう。
また、ミュートした瞬間にAメロの準備に移らないと間に合いません!タイミングは非常にシビアなのでミュートする左手の動きを叩き込みましょう!

次回予告

今回はここまで!次回は一週間後にメロ編の解説をお送りします。動画を見ながら練習しておいてくださいね〜!
ABCミュージックスクールドラム科講師のTOSSYがお送りしました!

Man playing the drum.Live music background concept.Drummer and rock music

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCミュージックスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロドラマーとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!

ABOUTこの記事をかいた人

Toshihiro Mori

バークリー音楽院卒。国内ではRock in Japanやサマーソニック、MONSTER baSHなどにも出演。受講生の目標を叶えること、個性を伸ばすことを重要視し、レッスンを行う。現在も現役プロミュージシャンとして演奏、レコーディングと活躍中。首都圏[渋谷、新宿、中野、下北沢、上石神井など]広エリアでレッスン開催中。