ドラムでゲスの極み乙女。の私以外私じゃないのを叩いてみよう!~メロ編~

Man playing the drum.Live music background concept.Drummer and rock music

ゲスの極み乙女。の「私以外私じゃないの」を叩いてみよう!〜メロ編〜

ABCミュージックスクールドラム科のTOSSYです。
今回は前回に引き続き、ゲスの極み乙女。の「私以外私じゃないの」のドラム演奏を解説。今回はメロ編となります!
3つのテンポに分けてありますので、やりやすいテンポのものを使ってください!

【♩=90 0:31ー1:14】

【♩=110 0:29ー1:04】

【♩=136 0:24ー0:52】

メロ演奏のポイント〜左手のスネアウラ拍は超繊細なタッチで!!!〜

スクリーンショット 2018-01-16 20.49.04

フレーズの特徴
なかなかJ-popでは見れないファンキーなビート!!一見すると手数が多く、また、左手が常にスネアを叩いているので解りにくいですが、基本的には16ビートの変化系で、左手のスネアをハイハットに置き換えてやると、バスドラもシンプルで極めてベーシックな16ビートの派生系という事が解ると思います。

演奏のポイント①
非常に重要なポイントは上で触れた通り、左手が“ハイハット”では無く“スネア”を叩いているという事です!
通常16ビートを叩く時は左右のバランスを揃えることが大事なポイントになりますが、このフレーズでは、ハイハットよりはるかに大きい音量が出てしまうスネアで、ゴーズトノート(極めて小さい音でウラ拍に入れる合いの手)的にウラ打ちしているため、左手のダイナミクスを極端に落とすことが重要なポイントになります。
感覚でいうと、触れるか触れないかぐらいのタッチで十分です!映像を参考にしながら、ゆっくりから練習してみてください!

練習のコツ
ウラ拍の左手、超繊細なタッチで安定して叩き続けるのは結構難しいと思います、、そんな時は映像では少しわかりにくいかもしれませんが、左手のスティックを立てて(ヘッドの中心を突き刺すような角度で)スネアのヘッドにアプローチすると安定して小さい音を出しやすいですよ!!試してみて下さい🔥

オススメ練習
上記のコツに加え、もっとウラ拍を安定させたいという方にオススメの練習がこちらです。
スクリーンショット 2018-01-19 8.49.01


非常にイライラしそうになる練習ですが(笑)いろんなテンポやダイナミクスで練習することで、左手のウラ打ちそして左手のゴーストノートの強化になります。今回のように延々と左手で繊細なウラ打ちを続けるようなフレーズには特に効果テキメンで🔥是非ゆっくりなテンポから試してみて下さい!

演奏のポイント②
もう一つのポイントは毎小節アタマで鳴っているハイハットのオープンですね!
これもイントロで解説したように、十分に1拍分伸ばしましょう、ハイハットの使い方一つでここまで違うのかというぐらい演奏のクオリティが違って来るので、是非こだわって練習してみて下さい。

今回はここまでです!次回は一週間後にサビ編の解説をお送りします。細部までこだわって練習してみましょう!
ABCミュージックスクールドラム科講師のTOSSYがお送りしました!

Man playing the drum.Live music background concept.Drummer and rock music

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCミュージックスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロドラマーとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!

ABOUTこの記事をかいた人

Toshihiro Mori

バークリー音楽院卒。国内ではRock in Japanやサマーソニック、MONSTER baSHなどにも出演。受講生の目標を叶えること、個性を伸ばすことを重要視し、レッスンを行う。現在も現役プロミュージシャンとして演奏、レコーディングと活躍中。首都圏[渋谷、新宿、中野、下北沢、上石神井など]広エリアでレッスン開催中。