手足のコンビネーションを使ったフィルイン3つ

こんにちは!abcミュージックスクールドラム科のtossyです!

エイトビートと相性がいい!おすすめフィルイン3選 vol.1

2017.04.28

今回取り上げるのは前回に引き続き1小節フィルですが今回は手足のコンビネーションを使ったものに特化してみました!!

タムとスネアの動きの中に、スムーズに足で演奏するバスドラムを入れ込むのはとても難しいですが、これができると非常にインパクトのあるフィルや、フレーズにつながっていきます!ぜひトライしてみてください🌟

ポイント=ゆっくりから予備動作を確認する

手足のコンビネーションが難しい理由は、全く違う機能を持つ手と足の予備動作(叩くために動き出す最初の動作)をとどこおりなく、なめらかにつなげる必要があるからです、唯一の解決策は遅いテンポからどのタイミングで予備動作を始めれば上手くいくのかを確認しつつ、だんだんスピードアップする練習です!

フィル1

スクリーンショット 2017-04-26 1.33.10

手足のダブルのコンビネーションです!綺麗にバランスよく叩くにはゆっくりからの練習が欠かせません、音符が短くなったり長くなったりせず、均等に演奏するようにしましょう⭐️体のバランスが崩れないように注意!もし崩れていたら、足の踏切のタイミングを修正しましょう!

フィル2

スクリーンショット 2017-05-06 20.21.17
最後の6連符はこれまた手足のコンビネーションです!、どんなに遅いテンポでも早いテンポでも一打一打を丁寧に演奏しましょう、これもゆっくりから詰めていきましょう!!

フィル3

スクリーンショット 2017-05-06 20.21.27
これもまた足を入れるタイミングが非常にシビアで、手足のコンビネーションのクオリティが求められるフィルです。1度フラムを外したり、シンプルにして練習し、安定してきてから装飾音符を入れるのがオススメです!

まとめ

今回は1小節フィル3選、特に手足のコンビネーションを使ったものを選んでみました!
バスドラムのダブルをコンビネーションの中で綺麗に粒を揃えるのは非常に難しく時間がかかりますが、できるようになるととても楽しいです⭐️
特にこういうフィルの流れの途中に出てくるダブルは一打目の長さが短くなりがちなのでその点に注意を払いつつ練習してみてください!

以上!ABCミュージックスクールドラム科講師のTOSSYでした!

iStock_000083053117_Medium

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCミュージックスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロドラマーとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!

ABOUTこの記事をかいた人

Toshihiro Mori

バークリー音楽院卒。国内ではRock in Japanやサマーソニック、MONSTER baSHなどにも出演。受講生の目標を叶えること、個性を伸ばすことを重要視し、レッスンを行う。現在も現役プロミュージシャンとして演奏、レコーディングと活躍中。首都圏[渋谷、新宿、中野、下北沢、上石神井など]広エリアでレッスン開催中。