マキシマムザホルモンのスラップに挑戦してみよう!第二回〜ブラック¥パワーGメンスパイ〜

ブラック¥パワーGメンスパイのスラップレッスン!

佐々木恵太郎
こんにちは!ABCミュージックスクールベース科講師の佐々木恵太郎です!

今回は前回に引き続き、マキシマムザホルモンの「ブラック¥パワーGメンスパイ」のフレーズを紹介したいと思います!

マキシマムザホルモンのスラップに挑戦してみよう!第三回「上原〜FUTOSHI〜」

2018.12.11

マキシマムザホルモンのスラップに挑戦してみよう!第一回〜ロッキンポ殺し〜

2018.12.05

ブラック¥パワーGメンスパイ

この曲は2007年に発売されたアルバム「ぶっ生き返す」に収録された一曲で、シングルにこそなっていませんが、スラップの生えたかっこいい曲です。
今回はこの曲のベースソロを紹介したいと思います。

ブラック¥パワーGメンスパイのフレーズに挑戦!



フレーズの特徴

前回のロッキンポ殺しもそうでしたが、こちらもなかなか速いですね。
この速さの中で1小節の中で開放弦を抜いても5〜10フレットと距離のあるポジションを押さえているので、各運指に注意して弾いてみましょう。
この曲、本来はドロップDチューニングなのですが、今回はソロのセクションなので4弦を使わないのでレギュラーチューニングで大丈夫です。

使っていない弦はしっかりミュート!

前回のロッキンポ殺しでは主に3、4弦をが中心のフレーズでしたが、今回は1、2弦中心のフレーズとなっています。
なので下向きのサムの場合は手のひらが当たって3、4弦が鳴ってしまわないようにミュートを、上向きの場合は肘などでミュートをしておくと良いでしょう。
また、要所要所で出てくる8部音符のプルはあまり伸ばさず、16部音符ぐらいでの長さで切るイメージで弾くとメリハリが生まれます。

左手の移動はスピーディーに!

今回のフレーズではハンマリング→サムピング→プルの流れがあります。2小節目裏の2弦開放からの7フレットハンマリングがしっかりと16分音符のリズムになるように注意しましょう。
基本、5フレットから7、8フレットまでの4フレット4フィンガーのポジションなのですが、3拍目で少し飛んだ10フレットが出てくるので、2拍目裏の開放弦のタイミングで7フレットが1番の指の4フレット4フィンガーのフォームに移動します。そのあとの3拍目裏の開放弦のタイミングで5フレットからの4フレット4フィンガーのフォームに戻ります。
最初は移動のタイミングが難しいと思いますが、開放弦をうまく使って素早くポジション移動をできるようにしましょう!

サムミュートを利用してプルに力を

4小節目でのプリングの連続はサムピングのミュートの親指を軸にするような形で弾くとやりやすいです!
サムミュートのタイミングで、次のプルへのフォームの準備をする感じでいきましょう。
そして最後の1弦7フレットの1発は最大限の力で思いっきり弾きましょう笑

まとめ

いかがでしたでしょうか?この曲、高校生の頃軽音楽部で挑戦したものの、うまく弾けずグダグダになった思い出があります笑
バンドで挑戦する際はメリハリと、他パートとの一体感を大事に演奏してみてください!

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

60分の無料体験レッスン開催中!


ただいまABCベース教室では無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロベーシストとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐々木恵太郎

幼少の頃より親の影響でギター、マンドリン、バイオリン、エレクトーンなどの楽器を経験し、13歳でエレキベースを始める。 2010年、ESPミュージカルアカデミーに入学。卒業後は様々なバンド、アーティストのサポートなどの活動を行う。 2013年、資生堂とベーシストkenkenのタイアップコンテストであるUNO×KenKenグルーヴコンテストにて最優秀賞を受賞。 同年に行われたMI JAPAN主催の第一回BIT MASTERSでは初代総合グランプリを獲得。 現在、サポートベーシストとしてシンガー、バンド、アイドル、劇団などのレコーディング、ライブなど多方面で活動中。