RADWIMPSのスラップレッスン!ギミギミック編

佐々木恵太郎
こんにちは!ABCミュージックスクールベース科講師の佐々木恵太郎です!
スラップレッスンブログRADWIMPS編、第二回の今回は「ギミギミック」のスラップフレーズを紹介したいと思います!

[ベースレッスン]RADWIMPSのスラップ解説!〜おしゃかしゃま編〜

2018.12.20

[ベースレッスン]RADWIMPSのスラップ解説〜ヒキコモリロリン〜

2018.12.18

[ベースレッスン]RADWIMPSのスラップ解説!〜セツナレンサ〜

2018.12.15

ギミギミック


この曲は前回のセツナレンサ同様、4枚目のアルバム「RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜」に収録された一曲で、これまたスラップが前面に押し出されたAメロが最高にかっこいい一曲です!

ギミギミックのスラップに挑戦!


1〜4小節目はスタッカートが大事!

最初の4小節はRootと7thの音を使ったスラップフレーズです。
小説の頭のスタッカートを効かせる事でリズムにキレが生まれて、それ以降のノリにも影響してくるのでしっかりスタッカートするようにしましょう!
でも小節の後半2拍の8分音符は伸ばすことでアクセントになるので、スタッカートしないように!

ドキッ!1.5拍ぶんの休ブレーキ

休ブレーキっていう言葉はたった今考えました笑
5小節目、なんてことはない、1.5拍ぶん休めばいい話なんですが、その後に続くフレーズがそれまでのフレーズと全然違うので、いざ弾いてみるとおっとっとって感じになります笑

その次の小節を見てみるとわかりやすいですね。この1拍目の16分音符二個のフレーズがあるかないかの問題なので、入りにくい場合は頭の中でこの音を鳴らしておくと入りやすいと思います。

指が痛い、ハイポジスラップ

4小節目からはハイポジションでのスラップになるのですが、ハイポジになればなるほど弦のテンションもきつくなってくるのと、プルの回数もここから増えてくるので、人差し指が結構痛いです笑 プルしたのと同時にボディと平行に下に指を逃がしてあげると変に力が入りすぎず、痛くならないです!
また、ここから最後の小節前まではミュート音を使わないので、16分音符感が出るように、なんなら全箇所にスタッカートがついているような気持ちで歯切れよく弾きましょう!

まとめ

佐々木恵太郎
いかがでしたでしょうか。ハイポジでのスラップは水ぶくれ注意です!痛くなってきたら無理せず練習は一旦休憩しましょう。余裕を持って練習するのが一番!と考えてしまうのは、ゆとり世代だからでしょうか、、、笑
次回も引き続きRADWIMPSのスラップフレーズを紹介します。お楽しみに!

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

60分の無料体験レッスン開催中!


ただいまABCベース教室では無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロベーシストとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!


ABOUTこの記事をかいた人

佐々木恵太郎

幼少の頃より親の影響でギター、マンドリン、バイオリン、エレクトーンなどの楽器を経験し、13歳でエレキベースを始める。 2010年、ESPミュージカルアカデミーに入学。卒業後は様々なバンド、アーティストのサポートなどの活動を行う。 2013年、資生堂とベーシストkenkenのタイアップコンテストであるUNO×KenKenグルーヴコンテストにて最優秀賞を受賞。 同年に行われたMI JAPAN主催の第一回BIT MASTERSでは初代総合グランプリを獲得。 現在、サポートベーシストとしてシンガー、バンド、アイドル、劇団などのレコーディング、ライブなど多方面で活動中。