RADWIMPSのスラップレッスン!ヒキコモリロリン編

佐々木恵太郎
こんにちは!ABCミュージックスクールベース科講師の佐々木恵太郎です!
スラップレッスンブログRADWIMPS編、第三回の今回は「ヒキコモリロリン」のスラップフレーズを紹介したいと思います!

[ベースレッスン]RADWIMPSのスラップ解説!〜おしゃかしゃま編〜

2018.12.20

[ベースレッスン]RADWIMPSのスラップ解説!〜ギミギミック編〜

2018.12.16

[ベースレッスン]RADWIMPSのスラップ解説!〜セツナレンサ〜

2018.12.15

ヒキコモリロリン


この曲はRADWIMPSの2枚目のアルバム「RADWIMPS〜発展途上〜」に収録された一曲で、うねりのある渋いスラップが特徴の一曲です。独特のリフがカッコいいですね!今回はこちらのフレーズを紹介したいと思います!

ヒキコモリロリンのスラップに挑戦!

いきなり難しい!入口の三連符フィル

メインのフレーズに入る入口のフィルがど頭にあるのですが、ポジション移動が激しく、早いので難しいです。ここは音をしっかり出すために振り抜き型のサムピングでピッキングし、左手もネックを握るフォームではなく、親指を立てるように支えるようにしましょう。三連符は全て1→2→3番の指の流れで抑えます。
難しいですが、出だしのキメとなるフレーズなのでクールに決まるように練習しましょう!

粘っこく、グルーヴィーに!

2小節目以降のメインのフレーズはなるだけ粘っこくしたいので、サムピングは基本振り抜き型で、スタッカートのついている箇所以外はなるべく音を切らないようにしましょう。
1拍目は1→1→4番の運指で行きたいところですが、最初の音をなるべく伸ばしたいので1→2→4の運指がいいかと思います。

スライドでも出る粘りっ!

偶数小節の4拍目でスライドダウンしていますが、次の小節の頭の4弦4フレットのポジションに丁度くるように大きくスライドしましょう。あんまり早くスライドしてしまうと途中で音が切れてしまったりするので、距離とタイム感を感じながらスライドしてみてください!(デモ演奏を聞いて確認してみてください
最後の小節のスライドアップはミュート記号になっていますが、6フレットあたりからで大丈夫です!

このフレーズもあまりドラムとユニゾンしていませんが、そのぶんベースのフレーズにインパクトがあります。要所要所にてるようで微妙に違うフレーズになっていたりする箇所もあるので、間違って覚えないように気をつけましょう!最後の1弦12フレットのプルは思いっきり引張ちゃってください笑

まとめ

佐々木恵太郎
いかがでしたでしょうか。あっさりで爽やかなスラップが多いRADWIMPSのベースですが、今回は粘っこく、渋いフレーズでした。引き出しの多さが垣間見得ますね。
次回もRADWIMPS特集です!お楽しみに!

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

60分の無料体験レッスン開催中!


ただいまABCベース教室では無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

良質なプロベーシストとのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!


ABOUTこの記事をかいた人

佐々木恵太郎

幼少の頃より親の影響でギター、マンドリン、バイオリン、エレクトーンなどの楽器を経験し、13歳でエレキベースを始める。 2010年、ESPミュージカルアカデミーに入学。卒業後は様々なバンド、アーティストのサポートなどの活動を行う。 2013年、資生堂とベーシストkenkenのタイアップコンテストであるUNO×KenKenグルーヴコンテストにて最優秀賞を受賞。 同年に行われたMI JAPAN主催の第一回BIT MASTERSでは初代総合グランプリを獲得。 現在、サポートベーシストとしてシンガー、バンド、アイドル、劇団などのレコーディング、ライブなど多方面で活動中。