ブレスを意識するとこんなに変わる!〜歌と会話の呼吸を知ろう〜

ブレスを意識するとこんなに変わる!

こんにちは!ABCミュージックスクールボーカル科の津島です!今回は歌うとき、会話するときに何気なくしている「ブレス(息継ぎ)」に注目し、大切な基礎を解説して行きます。

それでは始めて行きましょう!

こんな方にオススメ!

歌うとき
歌にテンポ、リズム感が合っていないと感じる。
カラオケでの音程バーがズレているなど。

話すとき
長時間話していると疲れる。
喉へ負担を感じるなど。

ブレスを把握しよう〜歌う時〜


大切なポイント
歌のブレスポイントは、「フレーズの間」にある!

カードにある(V)がブレスポイントとなります。このように楽曲の歌詞カードをVチェックしてみると、ブレスをすべき場所が明確になります。是非、ゆっくりなテンポで合わせて歌ってみて下さい!

いかがでしょうか?意識しないで歌うより呼吸が楽だったり、スムーズに歌えると感じられませんか?ブレスする場所を把握することが、その曲を把握することへの一歩ということがお分り頂けたかと思います!

それでは、ブレスを意識せず行けるところまで歌ってみようとするといかがでしょうか。

先ほどに比べて間かくが広く、ワンフレーズが長く繋がる為、歌の雰囲気がガラリと変わりますね。

同じ曲でも、ブレスの回数や場所により雰囲気はもちろん、「歌いやすさが変わる」ということがお分かり頂けると思います。一例として覚えておいて下さいね。

大事な事は、楽しく続ける事
何と言っても歌は「楽しく続けていくこと」が大切です。

まずは基本のブレスポイントを押さえて、その通りに歌うことから始めて行きましょう。好きなボーカリストのブレスの位置を把握する事も、楽しく学ぶポイントとなりますよ!

 

ブレス改善時のお悩み相談〜歌編〜

「歌っていると苦しくて後半が上手く歌えない」「リズムが合わない」「カラオケで音程のバーに合わない」といったお悩みをレッスン時によく伺います。こちらは万人向け・基本的なところとなりますので、是非セルフチェックしてみて下さい。

リズムの改善はブレスから
素晴らしいボーカリストはブレスの位置が常に一定です。
お手本となる歌手と同じ場所でブレスしているか楽曲を聴き、一度チェックしてみましょう。

音程改善の第一歩としてブレスを意識しよう
音程を改善したい方こそ、まずブレスを見直してみましょう。音程とブレスは一見関係なさそうに見えますが、実は密接な関係があるのです。
例:ブレスがズレる→リズムが崩れる→崩れたリズムで声を出すと音程がズレる

ブレスの位置を把握し歌うことが、音程改善への一歩を踏み出すことにも繋がって行きます。ぜひ参考にしてみてください。

現状に見合ったトレーニングを

大切なのは、個人の息の量に合ったブレスの場所を見つけていくことです。

ボーカルは、ブレスの位置以外にも「声量」など繊細な要素が絡み合っていますので、まずはご自身の許容量を把握し、トレーニングしていくことを推奨します。

レッスンでは個人に最適したアドバイスも行なっていますので、気軽に受けにきて頂けたら嬉しく思います!

ブレスを把握しよう〜話す時〜

ポイント
話す時は〝句読点〟がブレスするタイミングとなっている!

話す最初は挨拶をする為すぐにブレスすることができ「です。」や「ます。」と言った語尾は必ずブレスポイントとなります。ブレスを落ち着いてするということを念頭におくだけで安心して声が出せるようになります。
面接や発表、プレゼンのように長時間一人で話す時は特に意識してみて頂けたらと思います。その際は上記のように文章化し、ブレスポイントを明確にしてから練習していきましょう!

日々の心がけ・癖づけが上達への近道
日常において仕事で交わす会話や家族との会話を全て書き出すのは無理はありますが、句読点を意識して話すことにより相手にとっても非常に分かりやすく、伝わる言葉へと変化します!

挨拶や名前を名乗るときなど、短い言葉から意識していくと落ち着いて話すことが板についてきますよ!

ブレス改善時のお悩み相談〜話す時編〜

長時間話していると疲れる方へ
「話す」ということは、時間が長くなればなる程難しくなります。学校でも1分間好きに自己紹介をしてみましょう!と言われると緊張したものですが、中には30分、1時間と長丁場お話をされる方もいるでしょう。

そんな時は句読点、特に語尾でブレスを意識しましょう!話を聞いている相手にとって〝間〟があることは深く話を理解することにも繋がります。

喉へ負担を感じる方へ
話続けていると、口の中の乾燥により喉へ負担を感じるときもあると思います。
そんなときは、話すスピードが速すぎるのかもしれません。

ゆっくりと話せばその分ブレスも深く出来るので、一度唾を飲み込み落ち着いてまた話していけば長時間話すことにも慣れてきます。参考にしてみて下さい。

まとめ

「ブレスを意識するとこんなに変わる!」いかがでしたでしょうか。

歌うこと、話すこと。これらに共通していることは、〝ブレス(呼吸)〟と〝間〟であるということがご理解頂けたと思います。

普段何気なく歌や話をするときも誰でも気をつけることが出来る「ブレス」。目に見える存在ではないだけに見落としがちですが、意識するだけで自分自身に伝える力、相手に理解が深まる役割を与えてくれます!

今回の重要ポイント!

✔︎歌詞にVチェック、ブレスポイントを知る

✔︎ブレスポイントに忠実に練習をする

✔︎レベルが上がってきたらブレスポイントを調整する

✔︎好きなボーカリストのブレスポイントを知る

✔︎句読点はブレスポイント

✔︎短い言葉から実践してみよう

ぜひ歌も会話も自信をもって毎日楽しんで声を出していきましょう!次回は「音程を良くするための練習方法3選」をご紹介したいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ABCミュージックスクールボーカル科の津島がお送りしました!

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCボーカルスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

親切丁寧なボーカル講師とのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!