【3stepで徹底解説】いい声を手に入れよう 〜step1. リップロール編〜

【3stepで徹底解説】いい声を手に入れよう〜step1.リップロール編〜

皆さん、こんにちは!ABC Music Schoolボイストレーニング講師の安保です!

「いい声」って一体どんな声?結論から言うと響きのある声のことです。
「いい声」は誰にでも作れます。ただ、自分に合った響きのポイントを知らないだけ。

私が指導してきた生徒さんほとんどの方が、自分の声が嫌いと言っていました。

“「声」は一人ひとりの大切な楽器です。”だからこそ、正しい発声や知識をつけてずっとずっと使い続けてほしいと思います。
響きのポイントをつかむ、そして自分の声を録音してモニタリングを重ねていくことで、生まれ持った大切な楽器を好きになることができますよ^ ^

それでは早速、step1.「リップロール」を3段階で解説していきます!

① 唇をプルプルと震わせてみよう!

リップロールとは唇をプルプル震わせることです。

簡単に出来てしまう方もいますが、以外と出来ない方も多いんです。難しい時は、左手と右手の人差し指を唇の横に当ててみて下さい。これで出来ることが多いです。

出来ない多くの原因は、息(空気)がほっぺた(口腔内)に逃げてしまうこと。指で唇の両脇を軽く押さえることによって改善されます。

 

② 顎や喉に力が入らないようにしよう!

唇を頑張って震わせようとすると、顎や喉に力が入りがちです。力んでしまうといい声には繋がりません。
いつでも身体はリラックスした状態がいいですね♪

 

③ 一定量の息を上唇にあてよう!

息を上唇にあてることを意識しましょう。
口の中には硬口蓋と軟口蓋と呼ばれる部分があります。上唇にあてることを意識することによって、口を開けて発声した時、この軟口蓋に息があたり響きのある声に変わるんです。

具体的な練習方法は「スピード調整」と「時間」です。

 

スピード調整

息の強さを変えてリップロールをやってみましょう!
・一定量の息で、ゆっくりと。
・一定量の息で、速く。
息の量を目で確認するために、ティシュに息を当ててみるといいですよ♪

 

時間

皆さんはリップロール、何秒くらい続けられますか?
最初は10秒、20秒くらいの方が多いです。目標は30秒〜40秒!一緒に頑張りましょうね♪

 

まとめ

さあ、これで「いい声」に近づく土台ができましたね!
リップロールだけを練習していると「声が小さくなる気がする」という悩みを聞きます。
響きの感覚をつかむのにリップロールはうってつけですので、ぜひ継続していってくださいね。

今回はいい声を手に入れよう〜step1.リップロール編〜をお話しさせて頂きました。
次回step2.の記事でお会いしましょう♪

以上、ABC Music Schoolボイストレーニング講師の安保がお送りしました!!

ABCミュージックスクールでは、ニュースレターを配信しています。
各学科のブログ、レッスン動画の最新情報やキャンペーンのお知らせなどレッスンに役立つ情報満載!ぜひご登録ください!

無料体験レッスン開催中!


ただいまABCボーカルスクールでは無料体験レッスンを実施中!!

3分でかんたんにお申し込みできます。

ご希望の方は担当コンシェルジュからヒアリングを兼ねてご連絡させて頂きますので、気軽にお申し込みください。

親切丁寧なボーカル講師とのマンツーマンレッスンを、この機会に体験してみよう!